1. TOP
  2. その他
  3. 歯医者のレントゲンには2種類あります

歯医者のレントゲンには2種類あります

その他
この記事は約 5 分で読めます。 195 Views

虫歯が痛くて歯医者さんに行ったら、レントゲンを撮ったという経験をお持ちの方も多いでしょう。
歯医者さんでは、初診のときに、問診を行い、患者様のお口の中の状態を知るために、ほとんどの場合、レントゲンを撮ります。
目で見ただけでは、歯の中の状態まではわからないので、治療に入る前にレントゲンで歯の奥の状態を調べる必要があるのです。

今回は、歯医者さんで撮る2種類のレントゲンについて、お話していきたいと思います。
それぞれの特徴を知り、どんな時に、なぜ必要なのかをご理解いただき、参考にしていただければと思います。

歯医者さんで撮るレントゲン

 

歯医者さんで撮るレントゲンには大きく分けて2種類のレントゲンがあります。
お口全体が写るレントゲンと、歯が2~3本写るような部分的なレントゲンです。
レントゲンは、硬いものほど白く写り、柔らかい唇、頬、歯茎は写りません。
硬い骨と歯が写り、硬くなればなるほど、より白く写るので、その特徴を利用して、お口の中の状態を把握していきます。

お口全体が写るレントゲン(パノラマX線)

 

お口の中全体を映し出すパノラマX線撮影では、お口全体の状態が写るので、歯のバランスを見ることができます。
歯の形や本数、上下の顎の骨や関節の形、お口の中の神経や血管などが映し出されるので、様々な病気の発見や、進行の度合いを確認することができます。

①歯周病の発見
歯周病になると顎の骨が段々下がってきますが、レントゲンを見ると、この患者さんは右下の歯が下がってきているなどと、お口全体のバランスから部分的な変化がわかります。
そのため、歯周病の進行を見つけることができます。

②噛み癖のチェック
顎の関節は左と右に2つありますが、関節が太ければ、噛む力が強く、噛み癖があることが多いとわかります。

③顎関節症のチェック
顎の関節が細い人は、噛む力は強くありませんが、顎が横へズレやすく、顎関節症になりやすいことがわかります。

④膿やできものの炎症を発見
歯の周りに上顎洞と呼ばれる部分(鼻の穴の隣にある空洞)があります。
その中に、歯から来るバイ菌の膿が進んでいないかを見ることができます。
また、骨の中にできものなど、何か異常な病気を発見することもできます。

部分的なレントゲン(デンタルX線)

 

部分的に歯2~3本を写すデンタルX線は、細かくその部分をクローズアップして見たい時に撮ります。
歯の形や神経の状態、歯を支えている骨(歯槽骨)、歯を囲む骨の状態など、歯1本に対してどうなっているかを、より詳しく確認したいときに使います。

①見つけにくい虫歯を発見
口の中を直接目で見ても、歯と歯の間の虫歯は見つけられないときがありますが、レントゲンで確認すると、歯と歯の間の虫歯までもわかります。

②治療後の状況を確認
虫歯治療などで、神経を治療した後、歯の中が悪くなっていないか、歯の内部の状況を確認することができます。

③歯への負荷をチェック
映し出されたレントゲンを見ることで、その歯1本に強い力がかかっているかどうかを診断できます。

レントゲンの活用法

 

レントゲン撮影後に、歯医者さんは画像からわかる症状を患者さんに説明します。
歯医者さんの治療では、患者さんの同意、協力が得られることが大前提となりますから、患者さんにご自分のお口の状態を把握してもらうことが大切です。
ご自分のお口の中を直接目で見るのは難しいですが、レントゲンを使うと、患者さん自身も理解することができます。
ご自分のお口の状態をしっかり把握したうえで、病気の診断を自覚し、治療計画を立てることができるので、レントゲンは大切な検査なのです。

まとめ

歯医者さんでは、レントゲンを使って、目に見えない部分のお口の状態を調べます。
お口全体が写るパノラマX線では、歯全体のバランスを見て、異常に気づいたり、病気を発見したりすることができます。
部分的により詳しく歯を調べるときは、デンタルX線を用いて、歯の内部や神経、骨の状態まで調べていきます。
撮影したレントゲンを、歯医者さんと一緒に見て、説明を受けるときには、ご自身のお口の中の状態をしっかり把握することが大切です。
レントゲンは、硬い骨と歯が写り、硬くなればなるほど、より白く写り、柔らかい唇や頬、歯茎などは写らないということを覚えておきましょう。
歯医者さんの説明を聴いて、わからないこと、疑問に思うことは質問して、しっかり納得したうえで、共に治療計画を立てていきましょう。

 

 

デンタルクリニックツジは、神戸・芦屋市で最新の技術と設備による、安心・安全な歯科治療、インプラントを提供する歯科医院です。
当院には、デジタルレントゲン撮影機がございますので、撮影後すぐに画像を見ることができます。
患者様に安心して治療していただけるように、レントゲン画像を用いて、ご説明させていただきます。
そのうえで、治療方法、治療期間、費用などのご相談に入り、痛くない虫歯治療で、誠心誠意サポートさせていただきます。
虫歯治療のお悩みは、デンタルクリニックツジまで、どうぞお気軽にお問合せください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

兵庫県芦屋市の歯医者 デンタルクリニックツジの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

兵庫県芦屋市の歯医者 デンタルクリニックツジの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dc-tsuji

コメントを残す

*

CAPTCHA


この人が書いた記事  記事一覧

  • 歯並びは遺伝するのか?

  • 子供(乳児)の歯磨きについて

  • 虫歯を放置するとどうなる!?

  • 歯の根管治療には必須のマイクロスコープご紹介

関連記事

  • マウスピースには色々な種類があります

  • 原因不明の頭痛の本当の原因は?

  • 1本の歯にかかる力はどのくらい?咬合力とスポーツの関係とは?

  • 歯磨きの仕方について

  • 実は口の注射の方が痛くないのを知っていますか?

  • 歯の根管治療には必須のマイクロスコープご紹介