1. TOP
  2. その他
  3. 歯の根管治療には必須のマイクロスコープご紹介

歯の根管治療には必須のマイクロスコープご紹介

その他
この記事は約 5 分で読めます。 38 Views

歯の治療で使われるマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)をご存知ですか?
今までの歯科の治療は、肉眼で行うしかなかったので、歯科医の経験や勘に頼る部分が治療の良し悪しを左右しました。
また、肉眼では見えない根っこの部分(根管)の治療などは、どうしても手探り状態になってしまうので、完全に治療することは困難でした。
マイクロスコープという歯科用顕微鏡を使って治療すると、肉眼では見えなかった細部まで、はっきりと見ることができるので、今までよりも精度の高い治療が可能となりました。

今回は、マイクロスコープを使った治療について、お話したいと思います。
根管治療などには必須となっているマイクロスコープの優れた性能を知っていただき、安心して治療を受けていただければと思います。

マイクロスコープとは

 

マイクロスコープとは、歯の中を覗く顕微鏡のようなもので、肉眼の20倍程度まで患部を拡大して見ることができる装置です。
歯科の治療はとても細かい作業が必要となりますので、肉眼だけに頼って治療すると、どうしても治療精度が下がります。
その結果、歯医者さんに行って治療したのに、痛みが治らない、一度治ったと思ったら再発したなど、身体的にも、心理的にも、患者さんに負担を与えてしまいます。
マイクロスコープは患部を拡大するだけでなく、光を当てることもできるので、肉眼では見えない歯の神経や虫歯の細部まで見ることができるため、精密な治療を行うことができるようになりました。
元々は、脳神経外科や眼科、耳鼻科などで使われていた精度の高い顕微鏡を歯科用にしたもので、日本ではまだ導入している医院も、扱える歯科医師も限られています。
当院では既に、マイクロスコープを導入し、実際に治療に取り入れております。

マイクロスコープは根管治療に必須

マイクロスコープは、主に、歯の神経の治療、再治療をするときに使います。
虫歯が進行すると、バイ菌が歯の神経まで達してしまいます。
ここまで進行してしまうと、虫歯になった神経を取り除き、神経が入っている管(根管)を綺麗に洗浄してから、被せ物をしていく治療をしなくてはなりません。
これを根管治療といいます。

 

治療のために、歯の表面を削ります。

 

虫歯になった神経を取り除き、根管を洗浄します。

 

薬を詰め、綺麗になった根管に土台を入れ、被せ物をして完了です。

歯の神経は、歯の内部深く根の先まで通っているので、歯の奥まで細い針を使う治療が必要となります。
肉眼では、歯の上のほうは見えますが、深い所は完全に見えないので、手探りの治療になってしまいます。
マイクロスコープを使うと、とても深いところまで見ることができるので、中に残っているバイ菌に感染した虫歯を綺麗に除去できます。
また、肉眼だと削らなくていい部分も削ってしまうこともありますが、マイクロスコープを使って見ると、ピンポイントで悪い部分だけを削れるので、より歯を残すことができます。
歯の根管治療、神経の治療は、肉眼だけだと成功率は40~50%と言われていて、再治療が必要になったり、歯の中に膿がたまってくる場合があります。
マイクロスコープを使うと、80~90%以上の確率で治るといわれ、治療の精度に大きく差が出てきます。
マイクロスコープは、根管治療に一番大きいメリットがあるといえます。

 

マイクロスコープは虫歯治療にも効果的

 

マイクロスコープは、虫歯治療でも、メリットがあります。
虫歯の治療は、虫歯になった部分の歯を削り、歯型を取って、そこに詰め物や被せ物をします。
歯を削る時に、表面がガタガタ、ギザギザしたような削り方をしてしまうと、歯型を取って出来てきた詰め物や被せ物も、ガタガタ、ギザギザになります。
そうすると、詰め物を入れたり被せ物をするときに、歯の凹凸に合わせることが困難で、詰め物や被せ物が少し浮いたり、適合が悪くなったりします。
歯と、詰め物や被せ物の間に、隙間ができてしまうと、そこからバイ菌が歯の中に入り込み、再び虫歯になったり、歯周病になったりする原因になります。
マイクロスコープを使うと、歯を削るときも細部まで見えるので、削った面をツルっと綺麗に仕上げることができます。
その結果、歯型を取って出来てきた詰め物や被せ物は、歯にピタッと合うようになります。
歯と詰め物の間に、隙間がないと、虫歯の再発や歯周病のリスクが低くなります。

 

まとめ

歯科治療で使われるマイクロスコープは、歯の中を覗く顕微鏡のようなもので、肉眼の20倍程度まで患部を拡大して見ることができる装置です。
マイクロスコープの導入で、今まで手探り状態だった歯の内部の治療は、画期的な進歩を遂げました。
根管治療と呼ばれる歯の神経の治療、再治療は、歯の奥まで細い針を入れて治療する必要があるので、マイクロスコープは必須です。
細部まではっきりと見ることができると、虫歯に感染した部分を綺麗に除去し、ピンポイントで歯の悪い部分だけを削ることができるため、より歯を残せるようになりました。
また、マイクロスコープを使うと、虫歯の治療で歯を削るときも、表面を綺麗にツルっと削ることができます。
その結果、歯型を取って出来てきた詰め物や被せ物は、歯にピタッと合わせることができます。
歯と詰め物や被せ物の間に隙間ができにくくなると、虫歯の再発や歯周病のリスクを抑えられます。
このように、マイクロスコープは、歯科治療でも使い道が広く、大切な歯を残すために、とてもメリットがあります。

デンタルクリニックツジは、神戸・芦屋市で最新の技術と設備による、安心・安全な歯科治療、インプラントを提供する歯科医院です。
マイクロスコープを使った根管治療や虫歯治療なども行っております。
歯の治療をしたのに痛みが取れない、昔治療した歯が痛んできたなど、患者様のお悩みに、誠心誠意サポートさせていただきます。
マイクロスコープを使った歯の治療のことなら、デンタルクリニックツジまで、どうぞお気軽にお問合せください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

兵庫県芦屋市の歯医者 デンタルクリニックツジの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

兵庫県芦屋市の歯医者 デンタルクリニックツジの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dc-tsuji

コメントを残す

*

CAPTCHA


この人が書いた記事  記事一覧

  • 歯の根管治療には必須のマイクロスコープご紹介

  • 当院の場所に対するこだわり(長い付き合いサポート)

  • 歯科医が教えるマウスピースを自宅で洗う方法

  • 実は口の注射の方が痛くないのを知っていますか?

関連記事

  • 実は口の注射の方が痛くないのを知っていますか?

  • 顎関節症の治療に保険適用はできるのか?

  • 原因不明の頭痛の本当の原因は?

  • 当院の場所に対するこだわり(長い付き合いサポート)

  • マイクロスコープを使った治療

  • 歯医者のレントゲンには2種類あります