1. TOP
  2. 入れ歯
  3. 入れ歯にならないために必要なこと(自分の体質を知る)

入れ歯にならないために必要なこと(自分の体質を知る)

入れ歯
この記事は約 5 分で読めます。 433 Views

高齢になったら入れ歯になってしまうと、お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実際、日本人は50歳代後半から2人に1人は部分入れ歯、75歳以上になると半数以上が総入れ歯を使用しています。
しかし、これは年齢を重ねたからではなく、お口の病気が原因です。
きちんとお口のケアをしていれば、80歳を過ぎても、ほとんどご自分の歯を残している方もいらっしゃいます。
歯は、自然に抜け落ちてしまうものではないのです。

今回は、入れ歯にならないために必要なことをお話していきます。
まだ若いから大丈夫と思わずに、今からご自分の体質を知り、歯を残すためにしっかりケアしていきましょう。

歯を失う理由

入れ歯にならないためには、ご自分の歯を失わないことが何よりも大切です。
では、どうして歯を失ってしまうのでしょうか?
歯を失う理由には、3大要因があります。

①虫歯

虫歯が1本もない人は少ないと思います。
虫歯になってしまった歯は、削って治療するしかありませんが、一度削ると二度と元に戻らないばかりか、その歯の寿命を縮めてしまいます。
また、気づかずに放置したり、治療を途中で止めたりして、虫歯が進行してしまうと、抜かなくてはいけない状態になり、歯を失う原因になります。

②歯周病

歯を失う原因で一番多いのは、虫歯ではなく、歯周病だと、ご存知でしたか?
日本では30代以上の約80%が歯周病にかかっていると言われています。
歯周病の初期症状は、歯肉の炎症による腫れや出血ですが、ほとんど痛みがないので自覚症状がありません。
発見が遅れて、歯周病が進行してしまうと、歯を支えている骨が溶けて、歯が抜け落ちてしまいます。

③噛み癖

ストレス社会といわれる現代では、グッと噛むことでストレスを発散する人が多いようです。
そして、7割くらいの人が、何かしらの噛み癖があると言われています。

本来、食事の時以外に、歯に余計な力がかからない方が良いのですが、実際は、毎日かなりの噛む力が歯にかかっていることになります。
余計な力がずっとかかっていると、歯はバキッと割れたり、その力のせいで歯がぐらついて抜けたりしてしまいます。
癖というのは、無意識で行うものなので、ご自分では気づかないかもしれませんが、噛み癖がある人は注意しないといけません。

予防・早期治療

虫歯や歯周病は、細菌によるお口の中の病気なので、お口を清潔に保つことで予防できます。
毎日の歯磨きなどで、セルフケアを念入りにすること、取り切れない汚れを定期的に歯医者さんでメンテナンスすることが大切です。
そして、虫歯や歯周病にかかってしまった場合は、できるだけ早く治療することが肝心です。
噛み癖は、ご自分で判断することが難しいので、歯医者さんで診てもらい、毎日の生活で注意しましょう。
入れ歯にならないためには、常にお口の状態をチェックして、ご自分の歯を残そうと意識的に取り組んでいくことが必要です。

自分の体質を知る

 

お肌や髪質がひとりひとり違うように、お口の状態もひとりひとり違います。
実際、虫歯になりやすい人と、なりにくい人には、大きな差があります。

極端な話、あまり歯磨きをしないのに、全然虫歯にならない人もいれば、外出中に食事をして、歯磨きができないからと放っておくと、すぐに虫歯になってしまう人もいます
そのため、歯を守るためには、ご自分の体質をよく知っておくことが大事です。

ご自分が虫歯になりやすいタイプである、または歯周病になりやすいタイプであるということを、しっかり分かっておくことが必要なのです。
そうすれば、お出かけの時も歯ブラシを持参して、食事をした時にも、ちょっとトイレで歯磨きをするなど、ケアができるようになります。

一緒に食事をしたお友達は虫歯になりにくいタイプかもしれません。
でも、仮にあなたが虫歯になりやすいタイプなら、お友達がしなくても、あなた自身は歯磨きすることが必要です。
ご自分の体質をよく知り、歯を失わないためにできる努力をしていきましょう。

 

まとめ

どんな病気でもそうですが、特に歯科に関しては、「予防に勝る治療はない」と言えます。入れ歯になりたくない、ご自分の歯を残したいと思うのであれば、歯を失わないように、できる事から取り組んで、しっかり予防してください。

・ あなたの歯磨きの仕方は、お口全体を磨いていますか?
・ 歯磨きの時に、出血したりしていませんか?
・ ストレスを抱えて、お口をグッと噛んでいませんか?
・ あなたは虫歯や歯周病になりやすいタイプですか?
・ 歯医者さんで定期的なメンテナンスを受けていますか?

何事も、ひとりで継続していくのは、難しいことです。
歯の健康のためにはもちろんですが、モチベーションを上げるためにも、歯医者さんと一緒に、予防・早期治療を行うことをお勧めします。

デンタルクリニックツジは、神戸・芦屋市で最新の技術と設備による、安心・安全な歯科治療、インプラントを提供する歯科医院です。
患者さんの歯の健康を守るために、定期的なメンテナンスや歯磨き指導で、誠心誠意サポートさせていただきます。
患者様の噛み癖や、体質についてのアドバイスもさせていただきますので、毎日の予防に役立ててください。
患者様と手を取り合って、明るい将来のために、最善を尽くします。
入れ歯にならないための早期治療・定期検診、そして入れ歯に関するお悩みやご相談は、デンタルクリニックツジまで、お気軽にお問合せください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

兵庫県芦屋市の歯医者 デンタルクリニックツジの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

兵庫県芦屋市の歯医者 デンタルクリニックツジの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dc-tsuji

コメントを残す

*

CAPTCHA


この人が書いた記事  記事一覧

  • 歯並びは遺伝するのか?

  • 子供(乳児)の歯磨きについて

  • 虫歯を放置するとどうなる!?

  • 歯の根管治療には必須のマイクロスコープご紹介

関連記事

  • 歯の詰め物をしているけれど痛い!しみる場合の対処法

  • 痛くないよく噛める入れ歯があります

  • 入れ歯とブリッジの違いを知っていますか?

  • 入れ歯を綺麗にするメンテナンス方法について

  • 入れ歯が痛くなる本当の理由

  • 老後の入れ歯になると起こる体の不調や変化