1. TOP
  2. 入れ歯
  3. 入れ歯を綺麗にするメンテナンス方法について

入れ歯を綺麗にするメンテナンス方法について

入れ歯
この記事は約 5 分で読めます。 40 Views

ずっと自分の歯で健康的な食生活を送りたい!と誰もが考えると思います。
しかし、残念ながら、虫歯や歯周病で歯を失ってしまう場合があるのが実情です。
入れ歯は、失った歯の代わりに、健康的に食事ができたり、口を開けた時の見た目を良くしたりする、大切な役割をしてくれます。
入れ歯が完成して終わりと思うのではなく、大切にメンテナンスをすることで、入れ歯の寿命も変わってきます。

今回は、入れ歯を綺麗にするメンテナンス方法について、お話していきます。
ご自分の歯をお手入れするように、もしくはそれ以上に、入れ歯のお手入れは欠かせませんので、ぜひご参考にしてください。

入れ歯のお手入れが必要な理由

入れ歯は、毎日使うものです。
お口の中には、たくさんのバイ菌が住んでいて、食べカスを餌にして繁殖していきます。
お口の中を清潔にしないと、歯に歯垢がつくのと同じように、入れ歯にも歯垢がつきます。
入れ歯の材質は、プラスチックで、細かい穴がたくさん開いているので、この穴の中にバイ菌が入り込み、染み込んで汚れていきます。
入れ歯の汚れを放置しておくと、バイ菌が増え、他の歯が虫歯になったり、歯茎が炎症を起こし歯周病になったり、口臭の元にもなります。
入れ歯自体も黒ずんできますので、長持ちしなくなります。

 

入れ歯を長持ちさせ、健康的に使うためには、ご自分の歯をお手入れする以上に、メンテナンスが欠かせないのです。

毎日行いたい入れ歯のお手入れ

入れ歯は、毎日丁寧にお手入れすることが大切です。
毎食後、就寝前に、入れ歯を清掃して綺麗にしてください。
外出先など、どうしてもできない場合は帰宅してから、そして寝る前は念入りに汚れを落としましょう。

流水で食べカスやヌメリをしっかりすすぎ落としてから、歯ブラシなどで磨いて、汚れを落とします。

この時、強い力をかけ過ぎてしまうと、入れ歯が傷ついてしまうので、気をつけてください。
入れ歯専用の歯ブラシを使うと良いでしょう。
歯磨きと同じように、歯と歯の間の隙間や、入れ歯の裏側もしっかり磨き、最後に浮いた汚れを流水で洗い流して仕上げます。

入れ歯の取扱注意点

入れ歯をお手入れする時に、気をつけなくてはいけないことがあります。
それは、次の5つです。

①歯磨き粉は厳禁

歯磨き粉で磨くと、研磨剤で入れ歯に傷をつけ、バイ菌や汚れが入り込みやすくなります。

②熱湯・アルコール・漂白剤は厳禁

熱湯なら殺菌消毒ができるのではないかと思うかもしれませんが、入れ歯の素材は高温で変形してしまいますから、使えなくなってしまいます。
アルコールや漂白剤も、変形の原因になりますので、使わないでください。

③入れ歯は乾燥に弱い

入れ歯の素材は、乾燥すると、ひび割れしたり、変形したりします。

就寝前など、使用後に丁寧に洗った入れ歯を保管する時は、必ず水の中に浸しておく必要があります。
細菌の繁殖を防ぐためにも、入れ歯を保管する水は、毎日交換し清潔を保ちましょう。

 

④入れ歯は落下などの衝撃に弱い

固い床の上などに、うっかり入れ歯を落としてしまうと、変形してしまう可能性があります。
手元に注意して、慎重に扱いましょう。

⑤入れ歯洗浄剤を使う時は、歯医者さんに確認する

毎日のお手入れで落ちにくい汚れには、入れ歯洗浄剤を使う方法もあります。
入れ歯洗浄剤には、ニオイの原因になるバイ菌を除去し、タバコのヤニや珈琲、お茶などによる着色を落とす効果があります。

入れ歯洗浄剤を使った後は、浮かびあがった汚れをしっかり洗い流してから、使用するようにしましょう。
ただし、洗浄剤の成分が合わないと、入れ歯の劣化の原因になる場合もあります。
ご自分の入れ歯に合った洗浄剤を選ぶためにも、ぜひ一度歯医者さんに相談してください。

歯医者さんで入れ歯のメンテナンス

①入れ歯の洗浄

毎日、丁寧に入れ歯のお手入れをしていても、完璧に汚れは取り切れません。
入れ歯の表面の穴から入り込んだバイ菌や汚れは、歯ブラシで洗っただけでは、なかなか出てこないのです。
歯医者さんで、特別な入れ歯洗浄器を使って洗うと、中のほうに染み込んだバイ菌や汚れが、フワッと浮き出てきて洗浄することができます。
歯を清潔に使うためには、定期的に歯医者さんに行き、入れ歯を洗浄することが大切です。

 

②入れ歯の調整

入れ歯を作った時は、ピッタリしていても、だんだん時間が経つと、入れ歯の下の歯茎は痩せてきます。
そして、入れ歯と歯茎の間に隙間ができて、その隙間に食べ物がどんどん入るようになってしまいます。

入れ歯がなんとなく合わない、ものが挟まって食べづらいという場合は、隙間を埋めるように入れ歯の内側を足さないといけません。
入れ歯や歯茎の状態をチェックして、適した入れ歯に調整するためにも、定期的に歯医者さんでメンテナンスすることが必要です。

まとめ

入れ歯は失った歯の代わりに、あなたの健康を守る大切なパートナーです。
しかし、お手入れを怠ったり、合わない入れ歯を使ったりしていると、体に害を及ぼすこともあります。
そこで、毎日の正しいお手入れと、定期的な歯医者さんのメンテナンスが必要です。
きちんとメンテナンスを行うことで、入れ歯を長持ちさせ、健康な体で暮らせるようになります。
大切な家族やお友達と過ごすあなたの毎日が、笑顔いっぱいの快適な日々になるように、入れ歯のメンテナンスをきちんとしましょう。

デンタルクリニックツジは、神戸・芦屋市で最新の技術と設備による、安心・安全な歯科治療、インプラントを提供する歯科医院です。
入れ歯の洗浄や調整などの定期的なメンテナンスはもちろん、患者様の疑問や不安は、どんな小さなことでも丁寧に応え、誠心誠意サポートさせていただきます。
入れ歯に関するお悩みやご相談は、デンタルクリニック ツジまで、どうぞお気軽にお問合せください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

兵庫県芦屋市の歯医者 デンタルクリニックツジの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

兵庫県芦屋市の歯医者 デンタルクリニックツジの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dc-tsuji

コメントを残す

*

CAPTCHA


この人が書いた記事  記事一覧

  • 意外と知られていない! 顎関節症が全身に及ぼす影響とは

  • 顎関節症を自分で改善する方法(開口訓練)

  • 睡眠時無呼吸症候群といびきの治療には「あご」が大切

  • これだけは知ってほしい!子供の顎関節症は成長に大きく影響する!

関連記事

  • 入れ歯が落ちてくる原因と解決方法

  • 痛くないよく噛める入れ歯があります

  • 入れ歯にならないために必要なこと(自分の体質を知る)

  • 入れ歯とブリッジの違いを知っていますか?

  • 入れ歯が痛くなる本当の理由

  • 入れ歯の金具と金属アレルギーについて