1. TOP
  2. インプラント
  3. インプラント治療の流れについて

インプラント治療の流れについて

インプラント
この記事は約 5 分で読めます。 13 Views

「インプラント治療」とよく聞くけれど、

・どんな手術をするの?
・入院は必要?
・仕事を休まなくちゃいけないのかな?

このように、インプラント治療には、さまざまな疑問や不安があると思います。
実際にインプラント治療をすることになれば、歯医者さんが詳しい説明をしてくれますが、予備知識としてある程度は知っておくと良いでしょう。

インプラント治療に興味がある方、または歯医者さんに勧められて検討している方のために、インプラント治療の流れをご説明いたします。
インプラント手術には、一回法と二回法がありますが、今回は、どのようなケースにも対応できて、感染をおこす可能性が低い二回法をご紹介させていただきます。

カウンセリング・精密検査・治療計画

インプラント治療に入る前に、患者さんの体調やお口の中の状態を把握しておく必要があります。
虫歯で歯医者さんに行くと、問診、口腔内検査、レントゲン検査を行うことが多いと思います。
しかし、レントゲン検査だけでは2次元的にしか歯の状態がわからないので、インプラント手術を行うためには、3次元画像がわかる歯科用CT検査(コンピューター断層撮影)が必要になります。
残っている歯の噛み合わせの状態や、インプラントがどこに何本必要か、骨の硬さ、厚み、神経・副鼻腔の位置などを正しく把握して、立体的にインプラント埋入手術のシミュレーションをします。

それにともない、手術や治療が必要かなども含めて、治療法、かかる費用、通院期間などの詳しい治療計画が立てられます。
治療計画をしっかり患者さんに説明し、患者さんが納得・同意したうえで、治療を開始します。

疑問や不安、治療開始時期の希望などがあったら、些細なことでも、相談してみましょう。
治療してくれるのは歯医者さんですが、治療するのは自分自身です。
前向きな気持ちで臨みたいですね!

 

一次手術

インプラントの手術には、一次手術と二次手術があります。
まず、一次手術では、歯の抜けているところに局部麻酔をして、歯茎を切ってめくります。
そして、骨の中に穴を開け、インプラントを埋め込み、インプラントの上部のネジ穴が、新しい骨や歯茎で塞がらないようにするため、インプラントにカバーを装着します。
歯茎からカバー部分が飛び出さないように、もう一度、歯茎を縫い合わせて閉じます。

手術中は麻酔をするので、患者さんは、ほとんど痛みを感じません。
また、静脈内沈静法などを使い、患者さんの緊張感を軽くする場合もあります。
手術時間は、歯茎の状態によりますが、およそ1~3時間程度です。

 

入院の必要はなく、止血を確認し、治療内容、術後の注意などの説明を受けたら帰宅できます。
当日は安静に過ごしますが、翌日からは、日常生活に戻れます。

通常は約2~3ヶ月で骨とインプラントが結合しますので、それを待って二次手術に入ります。

二次手術

二次手術は、歯茎の上だけを切って、インプラントの頭の部分に土台(支台)を乗せる手術です。
局部麻酔をした後、歯茎を切り開き、インプラントのカバー部分の上に新たにできた骨を削り、カバー部分を外します。
インプラントの上部の不要な骨を削り、土台(支台)を連結します。
土台(支台)の上部が歯茎の上に出ている状態で、2回目の外科手術は終了です。
手術時間は、1~2本なら10分程度と短時間で終わります。

 

術後は、3週間~1ヶ月程度、歯茎の状態が回復するのを待ちます。

人工歯の作成・接合

歯肉が回復したら、歯の型取りをして、インプラントの上に被せる人工歯を作ります。
患者さんの歯の形と色に合わせた人工歯が、2週間程度で出来上がってきます。
噛み合わせや装着感、見た目などをチェックしながら、土台(支台)に取り付けたら、治療は完了です。

 

まとめ

インプラントの治療の流れを追ってみましたが、ご理解いただけましたでしょうか?
手術中は麻酔をするので、患者さんは痛みをほとんど感じません。
術後も痛み止めが処方されて、通常は1~2度服用するくらいで大丈夫です。

治療後のお手入れは、天然歯と同じです。
毎食後、そして、就寝前に、柔らかめ~普通の歯ブラシで、丁寧に歯磨きをしましょう。
そして、歯医者さんの指示のもと、定期的なメンテナンスを受けてください。

デンタルクリニックツジは、神戸・芦屋市で最新の技術と設備による、安心・安全な歯科治療、インプラントを提供する歯科医院です。
患者さんひとりひとりに合った治療計画を立て、最善のインプラント治療をいたします。
治療開始時期や費用など具体的なご相談から、痛みに対する不安などのお悩みにも、誠心誠意お答えいたします。
どうぞお気軽にお問合せください。

インプラント手術は、歯茎の状態が良好でないと行うことができません。
歯周病の患者さんは、インプラント治療の前に歯周病の治療が必要な場合もあります。
日々の歯磨きや歯科検診で、お口の中の状態を健康に保っておきましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

兵庫県芦屋市の歯医者 デンタルクリニックツジの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

兵庫県芦屋市の歯医者 デンタルクリニックツジの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dc-tsuji

コメントを残す

*

CAPTCHA


この人が書いた記事  記事一覧

  • マイクロスコープを使った治療

  • インプラントのデメリット〜天然歯との違い〜

  • インプラントのメリット〜姿勢との関係〜

  • 歯のホワイトニング後の注意点とは?

関連記事

  • インプラントの痛みの真実知っていますか?

  • インプラントのメリット〜姿勢との関係〜

  • インプラントのメリット

  • インプラントのデメリット〜天然歯との違い〜

  • インプラントの材質について

  • インプラントと全身の関係