1. TOP
  2. インプラント
  3. インプラントのメリット

インプラントのメリット

インプラント
この記事は約 5 分で読めます。 16 Views

あなたは、毎日の歯磨きや定期的な歯科検診で、歯の健康に気をつけていますか?
自分の歯を良い状態に保つのが一番なのはわかっていても、虫歯や歯周病、事故や怪我で、歯を失ってしまった方もいるでしょう。

今までは、歯を失った場合の治療法として、入れ歯かブリッジが主な選択肢でした。
しかし、どちらも他の歯に固定するため、自分の歯に負担がかかってしまいます。
また歯磨きも行き届かないので、虫歯や歯周病になってしまうことが多く、他の歯まで失ってしまう場合がありました。

それに対し、インプラントは、他の歯に負担をかけることなく、単独で歯を得ることができるので、とてもメリットの大きい治療法です。

今回は、インプラントのメリットについて、ご紹介していきます。

歯を失った場合の治療法

まず初めに、インプラント、入れ歯、ブリッジのそれぞれの治療法を詳しくご説明いたします。

①インプラント

 

インプラントは、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療法です。
他の健康な歯を傷つける必要がなく、負担もかかりません。

それぞれの歯が固定され、噛む力もインプラントが受けてくれるので、歯は長持ちします。
インプラントに使われているチタンは、硬い金属なので、強い力がかかっても簡単に壊れたりはしません。
自分の歯に近い、自然な感覚で噛むことができます。
歯を失った部分は、顎の骨が吸収されていきますが、噛む力がインプラントにかかることで、骨吸収を防ぎ、顎の骨が痩せません。
1本から全ての歯に治療が可能で、見た目も自分の歯に近く美しく保てます。

②入れ歯

 

部分入れ歯の場合、隣の歯にバネで入れ歯を引っかけて固定します。
入れ歯の金属のバネが歯に引っかかるので、違和感があり、見た目にもすぐに入れ歯とわかってしまいます。
何よりも他の歯で噛む力はすべてバネがかかっている歯に負担してもらうことになるため、バネをかけた歯が数年でぐらつき始め、歯が揺さぶられて抜けてしまいます。
歯を失った部分から、骨吸収が始まり、顎の骨がやせていき、数年ごとに調整が必要で、寿命は7~8年と言われています。
噛む力もとても弱く、熱を感じにくいので、味を感じにくいデメリットもあります。

③ブリッジ

 

ブリッジは、歯を安定して固定できて、違和感なく、見た目もきれいです。
しかし、失った歯の両側にしっかりとした歯がないと治療できませんし、土台となる健康な歯を削らなくてはなりません。
噛む力は土台となる歯にかかるので、負担が大きく、また歯磨きなどで清掃が行き届かないので、不衛生になりやすく、虫歯や歯周病で歯を失う危険性も大きくなります。
失った歯の数が多いと処置できないうえ、支える歯に問題が生じるとやり直しが必要となります。
入れ歯と同じように、歯を失った部分から、骨吸収が始まり、顎の骨がやせていき、耐用年数は7~8年と言われています。

インプラントのメリット

3つの治療法をご説明させていただきましたが、インプラントがいかに優れた治療法か、ご理解いただけましたでしょうか?

 

◇他の歯に負担をかけないので、歯が長持ちする
◇失った歯が多くても、噛む力が回復する
◇骨の吸収を噛む力で防ぎ、顎が痩せない
◇見た目がきれい
◇自然の歯に近い、自然な感覚で噛める
◇適切なケアをして歯周病に気をつければ、最高30年持つ

インプラントは他の歯を削らずに済み、自分の歯と同じようにものが食べられる、最も優れた治療法だと考えられています。

こんな方におすすめ

・入れ歯に抵抗感がある方
・健康な歯を削りたくない方
・入れ歯を使用しているけれど、違和感があり、食事がおいしく食べられない方
・事故や怪我で多数の歯を失った方
・長い期間、調整や作り直しをせずに噛めることを望む方
・顎の骨がやせて老けたくない方
・見た目を気にする方

このような方は、特にインプラント治療をおすすめします。
信頼できる歯医者さんで、計画的に正確で安全なインプラント治療を受けましょう。

 

まとめ

インプラント治療は、失った歯の代わりの歯を作るのに、非常に優れたメリットがあります。
入れ歯にした途端、食事が美味しくなくなったり、自分が急に年を取ってしまったように感じたり、噛めないことは、体にも心にもストレスを感じるものです。
自分の歯と同じようにしっかり噛めて、食事を美味しく味わうには、インプラントがおすすめです。
インプラントは、健康な自分の歯を長持ちさせ、心にもストレスを与えません。

しかし、インプラントにもデメリットはあります。
手術が必要、治療期間が長い、比較的費用が高い、定期的なメンテナンスが必要などです。
とはいえ、治療回数は、入れ歯やブリッジと変わりませんし、治療後しっかりケアして歯周病にならないように気をつければ、最高で30年持ちます。
調整や作り直しが必要になる入れ歯やブリッジと比べて、長い目で見れば、費用が高いとは一概に言えません。
持病がある方は、手術が受けられるかどうか、まずは歯科医に相談してみましょう。

これからの毎日を、生き生きとした笑顔の日々にするために、失くした歯の治療法として、インプラントを優先的に考えてみませんか?

デンタルクリニックツジは、神戸・芦屋市で最新の技術と設備による、安心・安全な歯科治療、インプラントを提供する歯科医院です。
インプラント治療に関する疑問、不安などのお悩みや、治療期間、費用などのご相談に、丁寧にお応えいたします。
患者さんが安心・ご納得してインプラント治療が受けられるように、誠心誠意サポートさせていただきます。
どうぞお気軽にお問合せください。

美味しく食事ができる当たり前の幸せをあきらめないでくださいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

兵庫県芦屋市の歯医者 デンタルクリニックツジの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

兵庫県芦屋市の歯医者 デンタルクリニックツジの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dc-tsuji

コメントを残す

*

CAPTCHA


この人が書いた記事  記事一覧

  • マイクロスコープを使った治療

  • インプラントのデメリット〜天然歯との違い〜

  • インプラントのメリット〜姿勢との関係〜

  • 歯のホワイトニング後の注意点とは?

関連記事

  • インプラントのデメリット〜天然歯との違い〜

  • インプラントの材質について

  • インプラントの治療期間について

  • インプラントと全身の関係

  • インプラント治療の流れについて

  • インプラントの痛みの真実知っていますか?