1. TOP
  2. インプラント
  3. インプラントのメリット〜姿勢との関係〜

インプラントのメリット〜姿勢との関係〜

 2018/02/16 インプラント
この記事は約 5 分で読めます。 352 Views

私たちは、毎日お口から食べ物を入れて、歯で噛んで、栄養を吸収しています。
しかし、歯が抜けてしまうと、噛むことが困難になり、他の歯や歯茎に負担がかかるようになります。
そして、お口の中のトラブルだけでは済まずに、全身に悪影響が出てくるようになるのです。

今回は、歯のなかで一番噛む力が強い奥歯と、体の姿勢との関係について、ご説明していきます。

噛み合わせと体のバランス

噛み合わせは、体のバランスを保つために、とても大切です。
歯と歯がきちんと噛み合うことで、頭の位置が固定され、腰の位置が安定し、体が揺れなくなります。

例えば、一流アスリートと言われる人たちは、かかりつけの歯科医院を持つことが常識となっています。
正しい噛み合わせは、姿勢を安定させますし、グッと歯を噛みしめることで瞬発力が発揮できるため、歯の健康は必要不可欠だからです。

アスリートでなくても、噛み合わせのズレから、顔や体が歪んできて、体調不良を起こす原因となります。

歯が丈夫なお年寄りは、姿勢も良く、お元気な方が多いのは、このためなのです。

歯が不健康だと姿勢が悪くなる

①歯は奥歯から失っていく

いつまでも自分の歯を健康に保つことが何よりの理想ですが、私たちは、虫歯や歯周病などで、歯を失ってしまう場合があります。
一般的に、奥歯から歯を失うことが多いという傾向があります。

②前歯で咬むようになる

今までは奥歯を失った場合の多くは、入れ歯治療を行っていました。
しかし、入れ歯には違和感や痛みがあって美味しく味わえないというデメリットがあります。
そのため、奥歯が入れ歯になると、どうしても入れ歯のところで、ものを噛むことを避け、自分の歯があるところ、つまり前歯でものを咬みたがるようになります。

③下顎が前に出る

前歯でものを咬む癖がつくと、まっすぐ咬んでいるつもりでも、どうしても下顎が前に出てくるようになります。

 

下顎は、筋肉や靭帯(じんたい)で頭蓋骨の上半分に固定され、開いたり閉じたりする筋肉に引っ張られて、噛み砕いたり、喋ったりと、とても複雑な運動を行っています。
そして、下顎の重さは、約2kgとかなり重いのです。

 

④腰が曲がる

下顎は首の筋肉につながり、さらに肩、背へと体全体に繋がっています。
2kgもある下顎が前に出てくると、その重さに耐えきれず、頭が前に垂れてきて、支える首や肩、背中の筋肉も歪んできます。
そして、腰が曲がってきて、杖をつかないといけなくなる場合もあります。

 

不自然な姿勢は、筋肉を緊張させ、痛みの原因になるばかりではなく、血管や神経を圧迫し、血液の流れも悪くなります。
血液は、酸素と栄養を体のすみずみまで送るという重要な役割を担っているので、血液の流れが悪くなると、様々な疾病の原因にもなります。

奥歯をインプラントにするメリット

奥歯が抜けたまま放置してしまうと、次のような問題が出て来ます。

・噛み合っていた歯が空いたスペースを埋めようと伸びてくる
・隣り合っていた歯が空いたスペースを埋めるように傾いてくる
・残っている歯に力がかかり、歯が欠けてしまう
・きちんと噛めずに消化不良を起こす
・顔が歪んで、顔つきが変わってくる
・姿勢が悪くなる

これらのリスクを避けるため、私たちは、失った奥歯の代わりに人工の歯を入れて、噛み合わせの調整をする必要があります。

インプラントは歯を失った後に回復する方法としては、唯一、しっかりした歯を作れる方法です。
顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を被せるので、それぞれの歯が単独で固定され、噛む力もインプラントが受けてくれます。
奥歯を骨にしっかり結合したインプラントにすれば、いつまでも奥歯でものを噛むことができます。
入れ歯治療のように、前歯で咬むこともないので、姿勢が崩れません。

そして、骨格のバランスが崩れていても、噛む力を取り戻すことで、改善してくれるようになります。
これは、体の姿勢にとって大きな回復と言えます。

 

まとめ

奥歯は、外からは見えないので、抜けてもすぐに歯医者さんに行かない方がいるかもしれません。
しかし、奥歯は噛む力の70%を担っていると言われています。
噛む力が衰えて食事が楽しめないばかりではなく、体全体にまで悪影響を及ぼします。
歯が抜けたらすぐに歯医者さんに行ってくださいね。

入れ歯治療では、以前と同じように噛む力を回復させることは不可能です。
奥歯を使わないようになり前歯で咬むと、前に出てくる下顎の重さを支えきれずに、背中が曲がります。
歯だけでなく、体の歪みからくる体調不良で悩まされる可能性もあります。

インプラント治療なら、失った歯の代わりに骨と結合させてしっかり固定した歯を作り、ものを噛む力を回復させることができ、姿勢を改善することもできます。

ただし、奥歯にインプラントを入れる場合、奥歯の近くには神経や血管が通っているため、より慎重に治療を進める必要があります。
安全に手術をするためには、しっかりと骨の厚みがあることが大切なので、奥歯の骨が薄い場合は、インプラントを埋め込む手術をする前に、まず骨を増やす手術をしなければなりません。
また、奥歯は噛んだ時の負荷が大きくかかるので、骨に厚みをもたせることは、やはり大切です。
事前の検査をしっかり受けて、正確な治療計画を立ててもらい、費用についても確認しておきましょう。

デンタルクリニックツジは、神戸・芦屋市で最新の技術と設備による、安心・安全な歯科治療、インプラントを提供する歯科医院です。
インプラント治療に関するお悩みやご相談はもちろん、噛み合わせのご相談にも、丁寧にお応えします。
患者さんがしっかりものを噛めるようになり、良い姿勢で生き生きと毎日を過ごせるように、誠心誠意サポートさせていただきます。
治療内容はもちろん、期間や費用についても、ご納得いくまで詳しくご説明させていただきます。
ちいさな疑問やご不安でも、安心して、お気軽にお問合せください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

兵庫県芦屋市の歯医者 デンタルクリニックツジの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

兵庫県芦屋市の歯医者 デンタルクリニックツジの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dc-tsuji

コメントを残す

*

CAPTCHA


この人が書いた記事  記事一覧

  • 歯並びは遺伝するのか?

  • 子供(乳児)の歯磨きについて

  • 虫歯を放置するとどうなる!?

  • 歯の根管治療には必須のマイクロスコープご紹介

関連記事

  • インプラントと全身の関係

  • インプラントのデメリット〜天然歯との違い〜

  • インプラントを長持ちさせる方法

  • インプラント治療の流れについて

  • インプラントの材質について

  • インプラントの痛みの真実知っていますか?